TOPスタッフブログ 3m×3mのイベントテント販売 サイズでワンタッチテントを選ぶ

スタッフブログstaff blog

イベントテントのお役立ち情報満載!
テント選びのコツをプロスタッフがご紹介します。

3m×3mのイベントテント販売 サイズでワンタッチテントを選ぶ

「イベントテント3m×3mサイズを探しているんだけど、どこで買えばいいの?」
「丈夫で耐久性に優れたイベントテント3m×3mはあるの?」
「イベントテント3m×3m タープテントとワンタッチテントの違いは?」

イベントテント3m×3mのワンタッチテントやタープテントを、探されている方も多いのではないでしょうか。
イベントテント3m×3mサイズをお探しなら、テント専門店「テントショップ」がおすすめです!
「イベントテント3m×3m」の用途や、ワンタッチテントとタープテントの違いについてご紹介します。

1 イベントテント3m×3m 用途とは?

3m×3mのイベントテントは、イベントでの出店、フリーマーケット、フェス、運動会、アウトドア、レジャーなど、さまざまな用途で使われ大変重宝します。

イベントテントは日除けや雨除け、熱中症対策としても最適です。
ワンタッチ式のイベントテントは、コンパクトなため手軽に使えるのが特徴です。

フリーマーケットは、屋外で開催される事も多く、出店場所は区画で決められている場合もあります。
開催される会場にもよりますが、1区画が約3m×3mで設定されている場合もあり、その区画内で収まるテントを使用しなくてはいけません。このような条件からワンタッチテント3m×3mの需要があると言えます。

2 イベントテント 3m×3m 収容人数とは?

イベントテント3m×3mの収容人数は、約9人です。
但し、テント内に椅子や机、荷物も入れた状態を想定すると、5~6人くらいで使用されるのが良いと思われます。
小さすぎず大きすぎず、ファミリーや仲間と集まって使用するのにも丁度いいサイズが、3.0m×3.0mです。

また、3m×3mのテントは、2張並べると3.0m×6.0mの大型テントとして応用できることもあり人気です。

3 イベントテント 3m×3m タープテントとワンタッチテントの違いとは?

見た目も組み立て方も似ている「タープテント」と「ワンタッチテント」の違いは何でしょうか。

【イベントテント3m×3mの参考価格 例】

・家庭用タープテント(ホームセンター)10,000円~30,000円

タープテントは、ホームセンターや激安通販サイトで多く見かけます。
価格が安く家庭用のレジャー商品として人気です。安価で手軽に買いやすいですが、大量生産で安価に販売する目的で作られているため、素材や耐久性まで考慮された商品が少ないです。フレームが簡素化され弱かったり、天幕の生地厚みがポリエステル70デニール~150デニールと薄かったり、フレームが細いため風や雨天の影響が受けやすく、壊れやすいデメリットもあります。

 

 

・ワンタッチテント(テント専門店テントショップ) 3.0m×3.0m
テント専門店のワンタッチテントは、価格は高めですが、フレームが太くしっかりして、耐久性に優れ、使いやすさ、安全性を考慮しているため丈夫で長持ちします。しっかりとした丈夫なフレームに、UVカット99%以上で500デニールの厚みがある、丈夫で軽量な生地を使っています。日除けとしてはもちろん、紫外線対策にも効果があります。また、学校名、町内会名、会社名などの名入れも可能で、オリジナルのテントが製作できます。
万が一壊れてしまった場合でも、テント専門店「テントショップ」では修理やフレームのパーツ交換も可能です。アフターサポートも受けられるため、テントを修理して長く使うことができます。

ワンタッチテントは風の影響を受けやすく、風で飛ばされた時に大きな事故に繋がる危険性もあります。
杭と重りを使ってしっかりと風対策をするのはもちろんですが、より高い安全性が求められる場面では、テント専門店「テントショップ」の丈夫でしっかりとした、プロ仕様のイベントテントをおすすめします。

4 最後に

3m×3mのイベントテントについて、いかがでしたでしょうか。
3m×3mのテントは、企業や家庭でも使いやすい人気のサイズです。しっかりとして丈夫で長持ちするワンタッチテントの購入ならテント専門店「テントショップ」がおすすめです。目的に合ったサイズのイベントテントで楽しくお過ごしください。

user
記者:タカハシ
こんにちは、タカハシです。
イベントや市場向けの最適なテント選びについて情報を発信しています。
テントの選定は大きさやデザインだけでなく、耐候性や設置の容易さも重要です。
ブログでは、これらの要素を詳細に解説し、皆さんが最良の選択をするためのアドバイスを提供します。
また、テントの設置やメンテナンスの方法、耐久性向上やヒントを発信していきます。